屋外タイプの激安ステッカー作成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋外向けの激安ステッカーを作成している業者は多いです。主な使用用途は、宣伝や乗用車の装飾です。耐候インキを使用していると、長期間貼っていても色落ちなどの劣化が発生しません。
インクの耐候年数は概ね3年から5年ですが、印刷する紙の形状によって寿命は変わります。合成樹脂を主原料とした合成紙だと1年から3年ですが、ラミネート加工すること更に寿命を高めてくれます。素材も頑丈で天候や外からの力で破れにくいことが特徴です。光沢も得られるため、屋外で使用するのステッカーとしても合います。塩ビタイプだと3年から5年はあります。質感は光沢であり、柔らかめの素材ですから曲面に貼ることも可能です。主に車に貼る際に使用されるタイプです。

データ入稿にあたってのポイント

ステッカー作成にあたり、大量のロットで注文したり、紙の素材や色を少なくするなど工夫次第で、一枚単価が激安になります。データ入稿も、激安で作成する際のポイントになります。
完全データ化にして送る形になりますが、不備が生じた場合は概ね再入稿となります。その分、時間の遅れが生じてしまいます。大きさの拡大や縮小をしていないこともありますから、確認が必要です。
低速回線など、通信環境によってはファイルデータが大きくなれば送れない場合があります。サーバーの環境によっては、セキュリティー上の問題から送信できない場合があります。各種確認をすることで、スムーズなステッカー作成へと繋がります。

ステッカーを剥がす際に糊が残らないために

屋外用でステッカーを貼ってから、デザインの変更などや張り替えの用途で剥がす場合があります。激安で作成しても、片付ける手間がかかるとコスパが下がります。
ポリプロビレン樹脂が含まれたユポタイプの合成紙だと、丈夫で破れにくいことが特徴です。高い耐水性があり、雨風に強いことが魅力です。糊も、一度貼れば綺麗に剥がせる再剥離タイプだと跡が残りません。絵柄もオリジナルから既成のデザインまで幅広い作成や、型抜きなどの加工もしてもらえることでコスパの高さをもたらします。こすれなどで色落ちを防ぐためには、ラミネート加工をすると良いです。
費用削減のためにステッカーの再利用を考えている場合は、一度剥がしてしまうと粘着力は少なからず弱くなっています。外気や汚れが付着していたり、爪でこするなどをすることで変形を及ぼしています。大きく性能が劣化した状態となっていますから、注意が必要です。