ステッカー作成が激安でできる仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

激安でステッカー作成を依頼するにあたり、コストの仕組みを知るとおおよその相場把握に繋がります。ステッカーには、作成する材料と加工や印刷に掛かる費用を含めた金額が提示されています。店舗経営の場合は、別途人件費と場所代が加算されます。
ステッカーの構造は本体と台紙、糊の3つが当てはまります。紙代にて、抑えたい場合は上質紙、外観を重視する場合はミラーコートが使用されます。屋外用で撥水性や強度の高いものにこだわると、更に金額が増します。
印刷代は使う色数が増えると、見た目に美しくなりますが料金も割増しになります。裏面を貼り合わせる台紙は、性質上欠かせません。優良な会社では、可能な範囲無駄な箇所を省いたうえで印刷設計をしていますから激安の作成へと繋げています。

ステッカー作成における刃型と版

ステッカーには、単色から複数の色合いを組み合わせて作成する場合など作り方は様々です。型を決める際には抜型が必要です。オリジナルで作成する場合は、この費用が掛かります。色を決めるにあたっては版が必要ですが、機械で作る際には一色ごとに分けられています。入稿されたデザインに基づいて希望通りに仕上げていきます。
一方、刃型と版は最初の注文時のみ必要で、同じデザインをリピートで作成する際にはそのまま使用できます。そのため、激安での提供に繋がっています。ただし、依頼から時間が経っている場合でデータが消去されていると再入稿となります。

激安にとらわれてはいけません

激安でステッカー作成となると、消費者側からすると魅力的な印象をもたらします。近年では会員登録をするとポイントを付加する業者もあり、ポイントを利用することで更に費用削減へと繋がります。
商品を購入した利用者がクチコミを投稿することによってポイントを付加するサービスを実施している業者もあります。再注文の際にポイントを利用してさらに激安なステッカーを作成することができます。初めて注文する顧客にとってはクチコミが参考になりますので、利用者にとって得が多いサービスとなっています。
実績のある業者の場合は、ホームページやSNSで作成されたステッカーの事例が掲載されています。自社一貫で作成しているとの情報を掲載されていると、外部委託業者に丸投げをしていないことが確認できます。無料サンプルを送ってもらい、品質を確認してから選ぶ方法もあります。

カスタマーサポートによる、安心・丁寧サポート。 Web上で作成できるデザインシステムを無料提供。 顧客満足度98%以上(2012年7月当社調べ)Web上で作成できるデザイン作成システムはフォントもイラスト素材も全て無料で使いたい放題。 ポイント5%付与。請求書・納品書・領収書をマイページからダウンロード可能。 シール印刷サンプルを無料で配布しています。 ステッカー作成は激安のDIGITA