激安でできる業務用ステッカー作成について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステッカー作成にあたり、バーコードのような単色ラベル印刷は、小売店にて欠かせないアイテムの一つです。大量生産だと、激安で印刷をしてもらいやすいです。
バーコードは、作業効率を優先するためロール納品にて対応している場合が多いです。機械貼りができるタイプもありますが、使用する機種によっては対応できないこともあります。激安のコストにする場合は、大巻きで1ロール単位の注文だと良いです。ラベルの数量を最大にすることで、加工費を削減することに繋がります。小巻きにすると、1ロール当たりの使用枚数が少なく単価も高めになりやすいです。
殆どの場合は、紙管の径は3インチで長さは76.2mmです。1や2インチもありますがほぼ需要がありません。カットは概ねレーザーでしているため、塗り足しのあるものだと切り口が目立つことがありますので、印刷前に業者に確認すると良いです。

業務用ステッカー作成で使用される紙の種類

業務用ステッカーの用途で使用する際の、紙の種類はいくつかあります。上質紙は激安にて印刷されやすいですが、コピー用紙のような艶のない紙です。インクが紙に吸収されて、にじんだような仕上がりとなりやすいです。バーコードのような機械で読み取るデザインや、商品の紹介をする際には不向きなことが多いです。
上質紙をベースとして、グロス系の塗料を塗ったアート紙もステッカーにて表面がコーティングされた状態です。インキの乗っている箇所に光沢をもたらし、落ち着いた印象をもたらします。新商品のラベルや店名シールの用途で使用されやすいです。

より上質なステッカーを求める場合

バーコードなど業務用ステッカーを作成する際、激安よりも耐水性や見た目の美しさを求める場合もあります。
鏡のような光沢をもたらすミラーコート紙は、手触りも艶があり見た目やデザイン以外での魅力があります。インクが紙に染み込まないことも、綺麗な状態をもたらします。商品や店舗の写真ラベルとして作成しても、より一層の輝きが得られます。糊選びも大切で、頻繁に冷蔵庫に食品の出し入れをする場合は冷食タイプが良いです。たとえ冷えても糊が硬くならないため、バーコードの用途でも使用されやすいです。
カット付近にデザインがあると切れてしまいますから、ずれを防ぐための対策も必要です。文字やデザインをステッカーに入れる際に仕上がり線から概ね2mmにすると、切れる心配がないです。