耐水性の高い激安ステッカー作成について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステッカー作成にあたり、耐水性を高めるには合成紙が良いです。ユポタイプは、主原料はポリプロビレンで質感はマット調で高い耐水性があります。室内の水回りで使用されやすいことが特徴です。ただし、日の当たる場所での使用は向いていなくて、1年程使い続けるとひび割れが発生しやすいです。全面ベタや写真タイプでステッカー作成をすると、質感が損なわれかねません。
小ロットなど激安で作成する場合は短期での納品ができることが多いですが、ロット数が多く高額となると、納期を多めにとる必要があります。注文する時期やサイズの大きさによっても、期間が異なりますから使用する日が決まっている場合は予め余裕を持った設定で依頼すると良いです。

透明PETステッカーの特徴と依頼時の注意点

透明のフィルムシートである透明PETタイプで印刷する場合は、素材に硬さがあります。商品の容器に貼るデザインやキャラクターシールとして使用されやすいです。耐水性はもちろん、耐熱や透明度の高さに魅力があるステッカーです。燃やしても有毒ガスを出さないため、環境にも優しいです。
子ども向けに使用する際に、キャラクタータイプを作成すると魅力を高めてくれますが肖像権の問題があります。アニメのキャラクターなど、無断で使用することでトラブルに繋がりかねません。激安を売りにしている業者であっても、著作権に関しての決まりを遵守している企業は長い目で見ると信頼できる企業だと判断できます。

マグネットシートの特徴

磁力を持つシート状の素材のマグネットシートも、高い耐久性があります。激安であっても、材質の厚さ選びは必要で、0.6cmから0.8cmだと、ある程度有効な磁力をもたらします。生活場面では主に冷蔵庫やホワイトボードにて使用されていて、自由に剥がしたりできることが魅力です。初心者マークとしても代表的なデザインであり、車での宣伝やノベルティの用途でも活用されています。
ビジネスの用途にて、両面印刷可能なデザインにて出退社のステッカーも作成可能です。マグネットをつけることが難しいガラスや壁面に合わせて、被着体とのシートを組み合わせて使用することも可能です。印刷では、大判やフルカラーデザインでインクジェットプリンターだと版の作成がないため、仕上がりまでの時間短縮に繋がります。大ロットで、数色程度のステッカー作成の場合は、シルクスクリーンだと艶と光沢を出してくれます。宣伝の際には、耐久性の高いものだと屋外使用時も劣化しにくいです。